ホームへ ホーム  サイトマップへ サイトマップ    
  Yakult 人も地球も健康に  広島中央ヤクルト販売(株) 広島中央ヤクルト販売は、みなさまの健康を応援する企業です。  
  ヤクルトスタッフサービスセンターエステティックサロンイベント・ニュース会社案内  
  ホーム > イベント・ニュース >第2回園芸福祉情報交換会を開催  
  イベント・ニュース
 
     
  セミナーリポート

2015年6月20日、第2回園芸福祉情報交換会を開催しました。

2015年6月20日、第2回園芸福祉情報交換会を開催しました。

 2015年6月20日、当社の大会議室で、第2回園芸福祉情報交換会を開催しました。昨年に続き、本年度で2回目の開催です。今回の園芸福祉情報交換会は三部構成。第一部は事例発表、第二部と第三部は実習を企画しました。

  当日は、日本園芸福祉普及協会から、吉長成恭理事長(広島国際大学教授)、髙松雅子理事(NPO緑の風景 理事長)が参加され、参加者含めて総勢40名の盛大な規模となりました。

受講者による事例発表

 まず第一部の事例発表では、過去に当社で初級園芸福祉士養成講座を受講された2名の方に、受講後の園芸福祉活動の事例を紹介していただきました。

  1. 大石勝利さん(平成22年度受講)
    「初級園芸福祉士から、園芸福祉士へ」~小さな小学校での園芸福祉活動~
  2. 中森千恵美さん(平成24年度受講者)
    「第1回昭和東 菜の花まつり」~地域の自然環境を守り菜の花を真ん中にみんなで楽しもう~

 2つの事例発表は、活動時の写真をまじえた具体的なもので、たいへん分かりやすく活動風景がまぶたに浮かぶようでした。参加者も興味津々といった様子で、様々な場面での園芸福祉活動に、明日にでも応用できることを、確認し合いました。

「花活」(イレカエール)の実習

 第二部、第三部では、「花活」(イレカエール)の実習です。
 最初に吉長理事長から、「花活」の目的内容並びに昨年度の実施状況などの講話をいただき、つづいて高松理事による花活(フラワーアレンジメント・イレカエール)の実習を行いました。

    実習の中で高松理事が述べられた園芸福祉の効果は大きく二つ。

    • 脳機能の訓練を通して、認知機能障害の改善
    • 高いストレス状態の人へのリラックス効果
 花と緑の癒やしパワーを、全員で実感しました。

情報交換会を終えて

 高齢者施設や障碍者施設、幼稚園、学校などで、園芸福祉士が活躍していることを具体的な事例をもとに知ることが出来ました。特に花き業界の方々と協力することで、大きな相乗効果が得られるといったノウハウも学ぶことができたことは大きな成果でした。

ストローの長さに合わせて花をカット。吸水スポンジに挿入。ストローの長さに合わせて花をカット。吸水スポンジに挿入。

おしゃれなフラワーアレンジメント、イレカエールの誕生です!3つの苗を額のカップホルダ―に入れます。
おしゃれなフラワーアレンジメント、イレカエールの誕生です!

額にはいろいろな種類があります。額にはいろいろな種類があります。

 
   
2015年07月06日
  関連リンク
 

 

<< 前の記事 次の記事 >>
  2015年6月13日、NPO法人 日本園芸福祉普及協会から顕彰されました。   2015年9月26日、「くれエコフェスタ2015」にブースを出展しました。
[ ヤクルトスタッフ ] [ サービスセンター ] [ エステティックサロン ] [ イベント・ニュース ] [ 会社案内 ]
< お問合わせ > 広島中央ヤクルト販売株式会社 (電話) 0823-33-8960 (FAX) 0823-33-0667 (フリーダイヤル) 0120-645-540